手羽元 手羽中 手羽先の違いとは?どこの部位なの?

あなたは手羽元、手羽先、手羽中の違いって明確に分かりますか?

前回の記事では手羽元、手羽先、手羽中の違いについて、ちゃんと説明できなかったので、かんたんにお教えしますね!

手羽元、手羽中、手羽先の違いって何?

手羽元とは鶏のどこの部位?

手羽元というのは、鳥の胸につながっている部分で、海外ではウィングスティックと言われていますね。

手羽先の倍以上の肉が付いていて、脂肪分が少ないのが特徴ですね。

肉はやわらかくて、アッサリとした味がしますね。

そしてお肉の量が多く、肉付きで料理する事でさらにおいしくなるので、多くの方が好んで食べてます。

主にフライドチキン、煮込み料理、唐揚げに使いますね。

ちなみに、ケンタッキーフライドチキンで使われている骨の部分は、鶏の足の部分なんですよ~。

ケンタッキーで今まで鶏のどこを食べていたのか、分かりましたね!

手羽中とは鶏のどこの部位?

手羽中というのは、手羽先で食べる太い部分のことを言いますね。

手羽先というのは、鶏の羽の先なので食べるところが、まったくないんですよ。

なので、手羽先といえば、手羽中を食べることと同じなんです。

ビックリですよね~。手羽先が実は手羽中だったとは。

手羽先と比較すると、料理がしやすいので、スーパーで並んでいますから、探されてみては?

手羽中を半分にしたモノを手羽中ハーフや、スペアリブと名前を変えて売られていますよ。

普通の手羽中よりも火の通りが良いので、調理の時短になりますね。

ちなみに手羽中には骨が2本あるんですが、1本抜いておくと見栄えば良いので、チューリップと呼んでいます。

なんだかお花のチューリップみたいですね。

クリスマスや誕生日でよく出るには、チューリップを調理しているわけです。

手羽先とは鶏のどこの部位?

手羽先と言えば、名古屋料理として有名ですよね。

しかし、名古屋で大ブームが起きる前は、ほとんど捨てられていたという事実があります。

特徴としては、く の字に曲がっているのが手羽先ですね。

食べられる肉は少ないのですが、コラーゲン(脂肪)が多く取れる部位となってます。

骨付きで料理されていると味が深くなるので、骨付きで出すお店が多いですね。

手羽先はラーメンの鶏ガラに使ったり、唐揚げ、煮込み料理に使われていますよ。

 

あなたは手羽元、手羽中、手羽先の違いについて、分かりましたか?

手羽先は食べるところが少なくて、手羽元は食べるところが多い、と言うことなんです!

手羽中は手羽先の一部、ということ。

分かりやすいですね!

次の記事では手羽元を調理しておいしい甘辛照り煮の作り方について、お教えしますね!

 

おいしい手羽元の甘辛照り煮レシピを大公開!

 

【11日間の無料オンラインセミナー受講はコチラ】

友達を1人も誘うことなく、ネットでダウンを作れてしまう方法!

  

  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です