アムウェイ無水鍋は食材が底にくっつくって本当?5つの解決法を大公開

アムウェイの無水鍋は、間違った使い方をすると、食材が鍋の底にくっついて、こびりついてしまうことは知っていますか?

どうすれば食材が無水鍋の底に付かなくなるのでしょうか?

体験談と合わせて、5つの解決法を大公開します!

 

アムウェイ無水鍋で食材がくっついてしまう人のお悩み相談

実際にアムウェイの無水鍋を使って料理をしているけど、食材が鍋底にくっついてしまって、悩んでいる方のお悩みをお伝えしますね。

 

『あぁ、もうダメ!イワシの蒲焼を作っても、ギョウザを焼いても、無水鍋の底にべったりとくっついてしまって困ってます。

しかも、ギョウザの作り方は中華料理屋さんの店主さんに教わったやり方で焼いているんですが、皮がベリベリはがれて、うまくいきません。

実家の普通のフライパンでは普通に焼けるのに、どうして?

結婚祝いに友達から24ピースセットを買ってもらったのですが、うまく使いこなせなくてどうしようか悩み中です。

どうすれば無水鍋に食材がくっつかないのか、教えてください!』

 

これは困りましたね。

どうすればこの方のお悩みは、解決するのでしょうか?

 

アムウェイ無水鍋で食材がくっつかなくなる方法!

アムウェイの無水鍋で、食材がくっつかなくなるには、どうしたらいいのでしょうか?

5つの原因が考えられますね。

 

フライパンを十分に温めてから水滴を入れる

まず、フライパンを温める前に、食材を入れてはいませんか?

インダクションレンジやIHクッキングヒーターを使って、十分に加熱しないと食材がくっついて、こびりつく原因になってしまいます。

なので、フライパンをよく温めてから、水滴を少し落としてみましょう。

フライパンを斜めにして、水滴がコロコロと玉状になって転がり出したら大丈夫です。

もしくはクッキングペーパーを先に鍋底に、ひいておきましょう。

無水鍋が焦げ付かないし、食材がくっつかなくなりますよ。

 

大きなフライパンを使ってないか?

上記の方法でフライパンを温めてから、使っていたとしても、焦げ付いたり、食材が鍋底にくっつく場合があります。

その場合は、どうしたらいいでしょう?

もし、大きいフライパンを使っていて、無水鍋が焦げたり、食材がくっつくようであれば、小さいフライパンを使ってみてはどうでしょう。

大きなフライパンで使っていると、面積が広いですよね。

1~2人分の料理を作るのに、大フライパンを使っているのであれば、野菜はいともかんたんに、焦げ付いてしまいます。

アムウェイのフライパンはサイズ違いが複数ありますから、料理を作る人数によって使い分けましょう!

 

IHの火加減が強すぎないか?

アムウェイの無水鍋を使っていて1番焦げやすい原因は、火加減ですね。

鍋を温めた後に食材を入れるわけですが、熱伝導率が高い作りの鍋なので、すぐに材料が焦げてしまうのです。

なので強火は使わない方が良いと思います。

中火だけでも十分に焼けますよ。

 

フライパンを洗わずに使っている

これは一般的なフライパンでも言えるのですが、フライパンを十分に洗わずに、調理を始めたらどうなるでしょうか?

汚れが付いた状態で食材を焼いたり、炒めてしまうと、鍋の底が焦げ付いてしまうのです。

いくらステンレス製の無水鍋フライパンでも、もったいないと感じます。

アムウェイの無水鍋とフライパンはすべてステンレス製なので、スポンジでゴシゴシこすっても、傷つきにくいので安心です。

 

水分と油が足りていない

アムウェイの鍋とフライパンは、無油鍋・無水鍋として世間に知られています。

そのため、

『水と油は入れなくて良いよね?』

と思っている方も多いと思います。

しかし、どんな材料でも、水と油がいらないのかというと、そうではないんですね。

水分が少ない食材の場合は、普通に水を入れて調理します。

脂分が少ない食材の場合は、エサンテオイルなどの油を無水鍋に入れて調理した方が焦げることなく、皮が鍋底に付かなくなるので、良いです。

特にギョウザには脂分が少ないので、エサンテオイルは必須と言っていいでしょう。

 

アムウェイ無水鍋で食材がくっつかなくなる方法とは?

アムウェイのクィーンクック無水鍋は、使い方を間違えなければ、30年間は持つように作られています。

【1】鍋を温めてから食材を入れる

【2】適切な大きさの鍋を使う

【3】火加減に気を付ける

【4】フライパンを洗う

【5】水と油を使う(少量)

この5つのルールを守って、アムウェイ無水鍋を使って、毎日の料理に役立ててくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です